« ホープレスミートの次は黒い恋人たち | トップページ | 利用者の立場に立っていない成田空港 »

無責任なのは誰か

安倍首相の退陣に飛び交う言葉は「無責任」という言葉が大半を占めている。
思うに「無責任」という言葉は先般の参院選で民主党に対して劇的敗北したとき首相の座を降りるべきなのに座にしがみついているとの批判を受けた際の言葉だ。つまり総理大臣を続ければ続けたで無責任と批判され、辞めれば辞めたで無責任となじられるというのはどうもおかしい。
首相に就任してまもなく閣僚の不祥事が続いたことで足を引っ張られたとか足をすくわれたという不幸なめぐり合いにあったという以前に当初からマスコミからこれでもかこれでもかとののしられどうにかして首相の座から引きおろそうという動きは見え見えであった。とりわけその旗振り役を担ったのは朝日新聞などのマスゴミだ。その報道姿勢は何とか安倍首相を引きおろそうとする策謀の中で組み立てられている。これに公務員制度改革に反発した霞ヶ関官僚が呼応してタッグを組み終始ネガティブ・キャンペーンに奔走、それにノー天気国民が見事に乗せられたという図式だった。
そして「政治とカネ」という国民の反発を受けやすいテーマの元に個別閣僚への攻撃がはじまり見事に成功したというわけだ。安倍首相をかばうわけでもなく政治とカネの問題に目を瞑るわけでは決して無いがこのような動乱ともいえる動きはある種のテロとも言えるのではないか。
一つの信念のもとに職に就いた人を温かい目で見守り応援するのが人間のありうべき姿なのに頭からそのチャンスさへつぶそうというのは動物にも劣る下劣な態度といわざるをえない。
マスコミのヘナチョコチンピラ記者とかワイドショーに出てくるキャスター補佐の女性アナウンサーでさへ気安く呼びかけるのは「安倍さん」だ。少なくと一国のトップに対してそんな呼びかけは失礼千万というものだ。一般の企業だって部下から社長といわず名前をさん付けで呼ぶなんてめったにあるものではない。総理とか首相と呼びかけるのが最低のマナーというものだろう。
斜構えの見方では今回の安倍首相引き降ろしは一種形を変えた「いじめ」でそれがが国民のあらゆるレベルに広がってきつつあると思えて仕方がない。その責任の大半は無責任きわまるマスコミの存在だ。

|

« ホープレスミートの次は黒い恋人たち | トップページ | 利用者の立場に立っていない成田空港 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174017/16433971

この記事へのトラックバック一覧です: 無責任なのは誰か:

« ホープレスミートの次は黒い恋人たち | トップページ | 利用者の立場に立っていない成田空港 »